お酒が飲めなくても稼ぐコツ!

キャバ嬢のドリンクバックは稼ぐ上で欠かせないものの一つです。しかし、中にはお酒が全く飲めないという子もいると思います。
でもお酒が飲めないから稼げない・・・と諦めてしまうのはもったいないです!某有名NO1キャバ嬢もお酒を飲まずにNO1の座まで登りつめ、業界の人なら誰もが知っているキャバ嬢となりました。お酒を飲まなくても稼げるコツはたくさんあるんです。

まず大切なのは、お店の面接できちんとお酒が飲めないことを伝えることです。アレルギーなどで一滴も飲めないのに無理して「少しなら・・・」というのはNGです。「一滴も飲めません!」とはっきり伝えましょう。
残念ながらお酒が飲めないとお酒が飲める子より採用率は下がってしまいます。しかし、お酒が飲めないことを理解してくれた上で採用してくれるお店は貴方の魅力にも気づいていますし、きちんと協力してくれるお店です。まずはそうしたお店を探してみてください!
お酒が飲めないキャバ嬢はフェイクドリンク(お酒のように見えるソフトドリンク)を飲むことになるので、そうしたシステムが用意されているかの確認も大切です。

そしてお酒が飲めなくても稼ぐコツですが、自分が飲めないのならお客さんに飲んでもらうようにしましょう!
お客さんに気持ちよく飲んでもらって、気持ちよく酔っ払ってもらうようにすれば、フードのおねだりなんかもしやすくなります。
お客さんに気持ちよく過ごしてもらうことがより大切になるため、他の子よりもトークスキルを磨くことに力を入れましょう。
他の子よりも気配りやトークスキルを磨くことにより、お酒が飲めないという穴を埋めていく作戦です。だんだんお客さんも「この子は他の子とは違うな」と気づいてくれますよ♪

信頼できるほど仲良くなったお客さんにはお酒が飲めないことを告白してもいいでしょう。そうすることでもっと接客がやりやすくなりますし、お客さんも「自分にだけ話してくれた」という特別感を感じて気持ちよく感じてもらえます。